急須の話♪

こんにちは!!

児玉大輔です!!

 

今日は比較的暖かく

いくらか過ごしやすかった印象です!

しかし、わだちが凄いですね!!!

でこぼこ揺られながら配達に行っていました!

 

さて

今回は急須のお話を少しばかりじっくりさせていただきたく思います!

 

玉雲堂ヒロロ店では、昨年

伊呂久さんプロデュースの急須(手作り・蓋置付き)を数量限定(20個くらいだったと思います)で販売し、わずかな時間で完売しました!!!

理由は、3000円という破格の値段とデザイン・手作りであることなどから

お客様は、伊呂久さんの急須をほくほく顔で購入されていました!!

 

急須を何気なく使っておりますが

急須には大きく分けて

萬古焼(ばんこやき)と常滑焼(とこなめやき)があります。

萬古焼は、三重県四日市が代表的です!

紫泥を使用しており

年月をかけて使っていくうちに急須の手触りや色合いが変わっていき

お茶の味をまろやかにすると、社長から習いました!!

質実剛健という言葉が合うのかなぁと思います!!

 

一方

常滑焼きは

愛知県常滑市を代表としており

 朱泥を使用したオレンジの急須が代表的です!

 優しい手触りが印象的で

豊富なデザイン性が魅力の1つです!!!

 こちらも長い年月を使うと手触りなどが変わってきます。

 

急須は、二個の急須を変わりばんこに使え

という言葉があるように

立て続けに同じ急須を使うのではなく

一方を休ませ、乾かす時間を設けることで

急須の良さが変わってくるということも社長から教わりました!

 

このように、一口に急須といっても

奥深さや知らないことなどたくさんございます!

 

例えば、職人さんから教わったのですが

手作りかどうかを見分けるときは

急須の底を見て、渦を巻いていたら手作りで

そうでなかったら、手作りでない場合が多い(例外もあり)と教わりました!!

 

また

蓋に小さな穴が開いてますよね!?

注ぎ口と穴が垂直に並ぶ姿勢が正しいと教わりました!!!

 

 このように普段何気なく使っていたらわからないことが多い急須!

自分は、急須の蓋に穴が開いてることも知らなかったですし、ちゃんと意識してみたことがなかったので

急須は丸めの形!以上!!!

という感じでした(笑)

 

 日本茶は重要な日本の文化なので

1つのたしなみとして

身に着けたほうがよいのではと最近では思いますが

やはり、以前は、①お茶は渋いなぁ!②わざわざ急須で淹れなくてもペットボトルで手軽にお茶を楽しめるじゃん。

という考えのもと、のほほんと過ごしていました。

 

茶道部に入部してましたや家でよく急須でお茶を飲んでました

という方々以外の方は、それほど急須やお茶に対しての関心は低めなのかなと思います。

 

しかし、最近の急須はデザインや実用性が高いものが多くあります!

上の画像は木型萬古急須といいます!

特徴はなんぞやと訊かれると

まず

凝った装飾!!!

DSC_0271

このように持ち手のところにわっかが

はまっており独特なデザイン!

 

 また、珍しく網が張っていない急須というところもポイント!!!

網は、茶葉の詰まり防止のために急須に張っているのですが

風味や見た目から、網を気にされるお客様が中にはおります。

 

 外観もかっこいいですよね♪

スマートに茶を注ぐ姿が思い浮かびます!

 

 お気に入りの急須でお茶を淹れると

味もおいしく感じそうですし

マイ箸があるように、マイ急須も玉雲堂ではおすすめしております!!

 

急須は何個もあってもしょうがないと思われるかもしれませんが

先ほどの急須は二個を交代で、と記述いたしましたように

急須を休ませる時間の大事さを社長は語っておりました!!

 

急須を何個も集めるとそれは道楽ということになるかもれません。

急須は、デザインも多彩ですし、一点物の急須も中にはございます。

そのため、コレクションとして集めているという方も、もちろんおります。

その道を楽しむ。

ここでいうところでは、急須を集め、目と淹れる茶の味で違いを楽しむでしょうか。

 

 

 玉雲堂でも、非売品の急須が展示されておりますが

これが急須か!?

というほど、超越したデザインのものがあります!

一度、その急須でお茶を飲んでみたいなぁと思ってしまう、または、思わせてしまう、カリスマ急須はあるはずだと

個人的には思っています!

 

しかし、それは高いものだからカリスマ性があるとか

安いのでカリスマ性はないとか

 そういうことではないと思います!

 

自分の目でびびっときたものや

紹介文や店員さんの話をきいて、この急須でお茶をのんでみたくなった

など

急須との出会いは、人それぞれです!

 

高価なのには、高いなりの理由があります。

低価格でも、高価なものに負けないくらい良いものがあります。

 

個人の視点と言ってしまえばそれまでですが

急須は、自分が良いと思ったもの・これから共にお茶ライフを過ごしていきたいものを選び

そのうえで、店員さんから少しお話をきいてみるのもいいかもしれません。

 

急須とお茶はパートナーです。

 

自分の好みのお茶と急須

是非見つけていただきたいと思います!!!

 

 長文お読みいただきありがとうございました!!!

失礼します!!!