緑茶で風邪予防 カテキン!!

風邪が流行っているようですね!

年末風邪なんか引いていられないよ!と頑張っておられるみなさんもいらっしゃると思います。

基本的には気力ですよ!

そう自身に言い聞かせておりますが、さすがに家族が咳やら鼻水やらで全滅状態なので、

現在気力に加えて最新の注意を払っているところであります。

 

ここで、お茶屋さんだけにお茶の効能をお伝えします。

緑茶に含まれる「カテキン」について、これは日本人が発見した成分で「菌に勝て」というのが語源であります。

緑茶には殺菌効能があると言われておりますがまさカテキンが働いているからなのです。

またビタミンも豊富なので風邪の予防にも最適なわけですね!

 

ちなみに緑茶でうがいすると喉が丈夫になります。

つまり菌の侵入口である喉を強くすることが大切なんですね!

抵抗力の少ない子供たちには緑茶でうがいすることをおすすめします。

この場合、高級なお茶である必要がありませんから、お茶屋さんで「番茶(ばんちゃ)」をお求めいただくとよいでしょう。

玉雲堂では1kgで2,100円です。

 

お茶には殺菌効果があるという話のついでですが、

先ほど日本料理がユネスコから世界遺産の認定を受けましたよね!

日本料理といえば生ものをそのまま食する文化とも言えるでしょう。代表的なのがお寿司でしょうか。

そのお寿司に付き物といえば、「わさび」・「ガリ」・「緑茶」ということになります。

生ものの魚類にはたくさんの菌が付着していますが、

日本人は独自の知恵でもって殺菌作用のある「わさび」や「がり」、「緑茶」を付け合わせることで、

高度な食文化を発展させてきたんだと、そしてこの度めでたく世界遺産の称号を得ることが出来たんだと思うのです。

私ども日本茶専門店としても、日本の食文化の下支えが出来る喜びを感じておる今日このごろです。

 

ちょっと角度を変えて、日本茶といえば「急須」。

やはり日本製、特に常滑や万古の急須は酸化鉄も多く、お茶がまろやかになるんですね!

海外の安い価格帯の急須も売られておりますが、土の成分なんかはわかりませんからね~

飲み比べれば明らかです!こんなに違うものなんだなあと感じますよ!

みなさん急須はぜひ日本製にこだわりましょう!(問題はデザインかな?)

 

日本茶は健康や長生きのツールです。おじいちゃまおばあちゃまに長生きのお茶をぜひプレゼントしてあげてください。

また、一年の感謝を込めてお世話になったあの方へお歳暮やお年賀にお茶をお使いください。

私たちは皆様の幸せのエスコートをいたします。