お茶はなぜ体に良いと言われているのか?

・お茶はなぜ体に良いと言われているのか?

こんにちは!

 

お茶(緑茶)に含まれるカテキンが体に良いとされています。

カテキンは、抗がん作用・高血圧予防・風邪予防・虫歯予防・抗酸化作用・抗ウイルス作用などに期待ができる成分です。

お茶をよく飲む地域では、がんの発症率が低い・長生きだと言われるのはカテキンが寄与していると考えられます。

 

専門店玉雲堂では、茶葉から直接栄養を摂ることをおすすめいたしております。

急須に茶葉を入れて飲むお茶・お茶の粉末を湯呑に入れて飲むお茶といったように、自分でしっかり作ったお茶を飲んでいただけたらと思います。

もちろんティーバッグでも〇

茶葉から栄養をしっかりいただくことが大切です。

 

お茶の栄養をもっとしっかり摂りたい方は、抹茶・粉末緑茶がおすすめです!

理由は茶葉をまるごと体に取り入れるため、脂溶性成分(水に溶けださない成分)の栄養も摂取できるからです。

 

社長「一日の栄養バランスを考えたときに、どうしてもお野菜は不足しがちでビタミン類が摂取できていないことが多いと思います。そんなときに活躍するのがお茶です。お茶はビタミンCをはじめカテキンなどの成分が摂取できるため栄養補給・健康維持にも期待できます。毎食にジュースではなくお茶にすることでヘルシーな生活に近づけますよ。続けることでお茶の良さが実感できると確信しています」

 

お茶は美味しいだけでなく、栄養補給もできるすごい飲み物です!

お茶を飲むときは、ペットボトルでなく、茶葉・粉末を使用してお茶を楽しんでくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!

失礼します!