緑茶カテキンでインフルエンザをシャットアウト!

こんにちは、いよいよ寒さも本番!空気も乾燥していて、ウイルスの活動が活発になりそうな今日この頃ですが、今回は緑茶カテキンでインフルエンザをシャットアウト!というお話です。

冬になると猛威を振るうインフルエンザ、家庭や職場で誰かが感染すると、瞬く間に他の人にも感染してしまう厄介なウイルスですが、昭和大学医学部細菌学の島村忠勝教授の培養細胞を用いた実験によると、通常に飲むお茶の4分の1の濃度の緑茶を、数秒間インフルエンザ・ウイルスに作用しただけで、感染症を100%阻止したそうです。ウイルスにはAソ連型やA香港型、B型などがありますが、そのいずれに対してでも緑茶カテキンは効果がありました。

以前このブログでも、緑茶によるうがいで風邪やインフルエンザを予防することができるという話をさせていただいておりますが、うがい用の緑茶の濃度は、普段の半分以下でも効果がありますし、まして安い番茶でも充分です。

また緑茶にはのどの炎症を抑える効果がありますので、風邪をひいてしまってからでも、緑茶うがいで治りも早くなるはずですよ。

※画像 番茶 1kg 2268円 (100g単位でも販売しております。)

お問合せ 銘茶の玉雲堂 TEL0172-32-6884