病は気から?お茶を飲む生活

・病は気から?お茶を飲む生活

 こんにちは!

 寒さが身にしみる日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 昨日は、あまりの寒さで自転車通勤中にジャケットを取りに帰ろうかなと思ったほど外気と風が冷たかったです。(結局そのままで出勤しました)

 

 寒くなってくると、風邪をひきやすくなります。

 乾燥とか生活のリズムなど色々な要因で風邪をひきますが

 社長渋谷拓弥はメンタルも関わっているのではないかと、以前おっしゃっていましたのでご紹介いたします。

 

 社長「生活をしていれば自然とストレスは溜まるし、仕事をすればなおのことだや。わぁは、気持ちが体に影響すると思ってらや~だはんでお茶を~・・・」

 DSC_0749

 

 昔から「病は気から」という言葉があります。

 気持ちが落ち込んでいる状態よりは、笑ってなんとなく楽しい気分でいるほうが、回復の傾向があるかもしれないということですね。

 気持ち一つで状況が180°変わるとは、なかなか信じがたいですが

 それでも最近では、メンタルの重要性を本やテレビで紹介されています。

 

 玉雲堂はお茶で幸せを」 をスローガンに掲げています。

 「お茶で一服・ほっと一息」が心の安らぎにつながると考えています。

 そしてお茶は、風邪の予防にも期待ができ、毎日お茶をおいしくいただくことで、自然と風邪予防が期待できるんです。

 

 性格や心持を変えろと言われても簡単にできることではありませんが

 お茶に限らず、自分が「ほっと安心」できる食べ物・趣味で、メンタルバランスを整えていきたいですね。

 

 師走が近づくにつれて忙しくなってきます。

 忙しい中でも体調管理はしっかり行って、良い年を迎えましょう!

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!!!

 失礼します!