茶葉を見比べてみよう! 活性酸素消去作用に注目

・茶葉の違いを楽しむ

 こんにちは!

 突然ですが、中学校の時の話を少しさせていただきたいと思います。

 今日のような暑い日のことでした。

 先生が、暑いから「暑い」と言ったら、だめというゲームをしようと

 クラス全員に提案しました。

 結果、一時間あたり10~20あたり「暑い」というワードがクラスから発せられました(うち先生2回)

 先生は、何がいいたいかというと、「暑いと言うから暑くなるんだ

 ということで

 暑さを忘れるほど、勉強に集中してねということだったのでしょう。

 その時間が終わると先生は

 「いやぁ~暑い、暑いね、あつ~

 と暑いあつい言ってて、笑いそうになりました。

 我慢もよくないぞ!ということだったのでしょう。(多分)

 

 さて、今回は茶葉のかたちについて書かせていただこうと思います。

 お茶を飲むときは、あまり茶葉のかたちを気にしないかたが多いと思います。僕もじっくりは見ません。

 しかし、茶葉のかたちや色合いなど、そういったところに注目いたしますと、飲んだ時の印象も少し変わってくるのではないかと思いますので

 3種類ほど、茶葉を見ていきましょう。

 

 ・嬉野茶

 特徴的な茶葉の代表格といったら嬉野茶でしょう。

 DSC_0718

 丸まったような茶葉のかたちが特徴です。

 中でも、茶葉がながくてしっかりしてるものは、丸まっているのがわかりやすいですね。

 渋みが控えめの煎茶が好みの方にお勧めです。購入されました際は是非茶葉のかたちをチェックしてください。

 飲むだけではもったいないです!

 

 ・川根茶

 DSC_0719

 

 茶葉が比較的まっすぐでしっかりした形状が特徴です。

 玉雲堂の「貴」は、静岡産茶葉の高級なものを缶に詰めた商品ですが

 こちらの貴はさらに、ピンとしており

 社長もそのかたちを絶賛しています。「貴」をご購入の際は、茶葉チェックは必須です。

 川根茶は渋みがあってキリっとした味が特徴ですので、渋みが苦手な方はご注意ください。

 

 ・あさつゆ

 DSC_0720

 

  先述した、茶葉よりも若干茶葉が細かく、緑が青めですね。

 香ばしさにも似た香りは、良い意味で異質です。

 渋みが少なく、甘めで香りも良いので、ヒロロ店では人気が高いです。

 

 お茶を飲むときそっと茶葉に関心を寄せて、お茶を頂いてみてはいかがでしょうか?

 

 

 玉雲堂社長渋谷拓弥は、若く見えます。

 DSC_0681

 40代には見えませんよね・・・

 友達に、うちの社長だよと見せると「若っ」

 と言われます。

 外見的に若く見えますし、行動力も若者のそれなので、若いんですが

 なんで若く見えるか考えたところ

 お茶を毎日飲んでいるからだという、結論に達しました!

 煎茶に含まれるカテキンは、活性酸素(老化や病気の原因のひとつとされている)を消去する働きがあるとされています。

 つまり、社長の体は活性酸素が少ないのでは!?ということです。

 社長のお父さんである、伯龍さんも若いですよね!

 遺伝子もあるかもしれませんが、「お茶」が若さに一役かっていると思います。

 毎日継続して飲む事が大事だと思う(運動も継続が大事)ので

 お茶に限らず、からだに良いことを継続して頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!!!

 失礼します!